2010年4月27日

ハートキャッチプリキュア!#12

220427.jpg「新緑の 若葉輝くこの季節に 愛するふたりの心を弄ぶなんて 許せません!
 わたし 堪忍袋の緒が とってもご機嫌斜めですっ!! (意味不明

もも姉に、ゆり・・・、ひなぎくとかいう名前のクラスメイト居ません?>ムーンライトさん


12話。 そんなことはない!をゲストキャラに言わせてみたり、仲間の必殺技を貰うプリキュアと、戦闘シーンのテンプレ崩し回。 いつもの必殺技バンクそのまま、何のためらいも無く笑顔とやる気満々で必殺技を放つブロッサムさんの雄姿が最高でしたな。 表情なんかが固定されてるバンクを逆利用した、なかなかツボにはまるギャグで。 
話自体は非常に地味なんですが、ところどころ遊びが入ってて楽しかったですよ。 ラヴい二人に鼻息を荒げるつぼえりも何とも。 HCは表情の変化が大きくて、それだけでも見てて飽きないのよな。
さすがに、日常回にも手馴れた安定感を感じますわ。

えりか(私のことはいいから、私ごとこいつを撃ってブロッサム!! 
     ・・・とか言ってみたかった)

アイマス5thライブのチケきてた

220425.jpgエヴァンズマンの兄貴が眩しすぎて見えない。
アフターバーナーとケツイ、今週の箱〇はSTG好きにはたまりませんな。

今年のアイマスライブのチケット届きました。 思ってたより早いな。
先生アッキーくぎゅの名前を見るだけでも、たぎるものがあるw

7/3(1日目)が、Jの17列目。
って、お父さん、また最後列ですかwwww(pgr
いいじゃん・・・客席含めて会場全体が見れて楽しいし・・
着席楽だし・・・、スペースにむっちゃ余裕あるし・・・・

でもって、7/4(2日目)が、Hの5列目。
こっちは、まあまあな感じ?

会場の写真見る限り、座席もそこそこ傾斜あるみたいなんで、体の小さいウチにも安心ぽいですよ。 どっちもサイドの中央付近なので、去年の悲劇は繰り返さないと思われ。 これだけでも、ありがたい。 欲を言えば、左右別サイドで欲しかったなりり。
 

2010年4月19日

ハートキャッチプリキュア!#11

220418.png
話はまとまってたと思います。 細かい突っ込みどころはあるけど・・・、そのあたりは今後フォローされていくような気もするのよね。 近作は投げっぱなしな伏線が少ない、ような気がするし(期待含む)
カンフーを持ってきた以上、多少なりともそれらしいアクションがあるかと思ってたんですが、そのあたりは肩透かし気味。 演出的にも谷間の回だったかな、という印象。 短くてもいいんで、ラブさんみたいな格闘アクションが見たかったなりよ。 

前回の敗北を受けての特訓回で、技術よりもまずこころが大切でしょ、というところに落ち着いたわけで。 結果的にとは言え、頭を下げて引くところと、立ち向かう所を心得たマスターが素敵。 各話でのゲストキャラの悩みは根本的に解決せず、前向きに頑張ろうといった結末なのもHCテンプレ通り・・・なんてすが、今回はそれがメインの二人にも適用されているあたりが消化不良感があって面白い。 
えりかがしつこく繰り返す「(ふたりいっしょなら)なんとかなるよ」といった楽観的な台詞が、前回のクールなムーンライトさんの言葉と対比されて。 このあたり、今後回収されると思うんだけど・・・お気楽なまま乗り越えちゃっても、まあプリキュアだからw

マスターが妖精から直接デザトリアンシステムについて聞いていたりするのも、今回の面白いとこですな(脚本的には苦しい形で濁してましたが)。 フレッシュ程ではないにしろ、それなりに一般市民の目に写ってるプリキュアをどう展開させていくかが楽しみですな。 ダークさんのイメージダウン作戦も、そのあたりに絡むと面白そうなんですが、いかんせん規模がw

さらっと見る分には普通の、良くあるどれみ的エピソードとして、突っ込んで見ればシリーズとしてかかってきそうな部分もあったりして、なかなか楽しめました。 絵はかなり丸々とした感じで、クセ強かったけどね。

クモジャキーさん、わりと正論を言ってるあたりが男らしいぜよ。 前半でスナッキーの集団をぶちのめしているあたり、幹部らしい実力の持ち主かと思ったんですが、そのスナッキーがカンフーヲタでも倒せることが判明したあたりに、何ともいえない小物ぶりを感じてしまいますな。 それはそれで、魅力的な悪役ぜよw

2010年4月16日

ピンキーマカロン

220415.png「あなたの賞味期限もこれまでよ!」 ああ、やっぱりNHKだ。。
某●リキュアDX2のポスターをイメージしてで描いてみました。 あれ?原作よりもプリキュ●らしさが無くなってしまった感じ。 なんか普通の萌えキャラみたいな感じになってしまったし。 まあ、きっちり描いた時点で魅力半減じゃないか、ってなはなしもあるとは思いますけれどもね。
たぶん、いろんなとこで上手い人が描くだろうから期待しよう。



アイマス5thライブのチケ取れました。 土日、二日間とも。
毎年の事ながら、これでやるの最後かも知れんしなあ、と思ってしまうま。
いつも当落の様子見てると、当たる人は毎回当たって、ダメな人は毎度ダメな感じがするのですよな。 さすがに抽選の方法に偏りがあるような気がしないでもない。 今回、幕張でキャパ自体が最低でも6000はあるから、ほとんどの人が通るんじゃないかと思ってたんですが、そうでもないみたいです。

さて、2ヶ月かけて綿密に仕事のスケジュールと、年休申請のタイミングをじっくりと調整していきますか。 宿はどこに取るかな・・。 幕張近辺とか高いんよね。 千葉まで行くよりも上野とかで泊まった方が、最終的に移動は楽になるかな、どだろ。

今年は、アッキーをガン見できる席だと良いなあ。。ステージから離れててもw
 

2010年4月13日

ハートキャッチプリキュア!#10

220412.jpg
最近見かけるアレ>リースポロン思い出すよなあ。 ももちのロイパト、ミタカタヨ。
何だかんだで自分、金髪キャラに弱いような気がしますが、あくまで結果としてですよな。
金髪キャラ的テンプレがツボにはまるんだと思うのですけど。 今回はどうかね・・・w

HCP10話。 展開早いな。 シリーズ構成的な意味でも、いちエピソードの中の展開としても。 突っ込みどころのかなりある話だったのですが、それを許さない怒涛の展開と圧巻の演出で最後まで目の離せない良回でした。 ダークさん顔見せ回かと思ったら、ムーンライトさんの方が思わせぶりな言動で持って行った感じ。 シリーズを通しても、これまでなかった立ち位置にいますんで、婆さんと合わせてこれからの展開が楽しみですよ。 小難しい設定のない直球な伏線は、子供向けアニメの醍醐味ですよな。

大爆発、の前のギュ。 あー「ふたりは」プリキュアだよなーなんて思って嬉しい感じ。
サッカー部のポニテ娘。 モブ子の割には力はいってたな・・後からまた出てきそうな感じで。 ウチとしてはファッション部の眼鏡娘がモブ子の中ではお気に入り、最近出てこないけど。 
それにしても、絵良かったですよな。 馬越作監な上に、相当な面子が揃っていたかと。 そんな回で変身解除のシーンを持ってくるあたりが何ともあざとしw 馬越キャラなのに色っぺーな、アレ。

来週アチョーで特訓回ですか。 1クールも終わってないんでまだ新展開とか無さそうですが・・・でもフレッシュもさっさと新技出てきたな。 並行視聴中のフレッシュがハートキャッチと比べると軽いノリで、これまた楽しかったり。 ラブさん、ホントいい味出してるよな、アクションも豪快で。

2010年4月11日

セイクリッド2弓ドラ@個人的まとめ

220410.pngsacred2、発売から2ヶ月たちまして、まとめwikiだけでもかなりの情報が得られるようになっています。 その割には、この場末ブログにも弓ドライアド関連の検索ワードで飛んでくる方がそれなりにいますので、数値的なものはwikiで見ていただくとして、体感的なところをまとめておこうかと思います。(私感バリバリの意)

弓ドライアド、光影ともニオブまで育てました。 上のがLv87の影ドラ子。
プラチナだとラスボスのクリティカル以外では、まともなダメージをうけません。
ニオブだとジャングル以降でクリティカルを貰って、はじめて痛いと感じるレベル。

●能力値
 器用さ全振りでまったく問題なし。 ほかに選択の余地はないかと。

●スキル選択
 上の組み合わせから、六感交渉の変わりに戦闘技術体格強化を入れるくらいしか、弓ドラとしてはバリエーションがないと思います。 Lv75到達時点でマスターできるのが3つなので、どれを先にあげるかがその人次第。 アキュレシーと樹皮がドラ子の強さの半分以上を占めているので、修練2つをまず伸ばすのがお勧め。 
遠距離を後にとる場合は、意識して命中値+をつけておくと吉。 素のままだとプラチナ後半から、エリートやボスに当たりにくくてイライラ。 逆に言えば、1lvだけとって、全スキル+とアイテム補正だけでも何とかなるってことですね。
交渉は1キャラ持ってれば、他キャラでは取る必要もないんですが、キャラ替えが面倒だったり倉庫が重かったりするので、自分は各々で取ってます。 アイテム売却時に覗く楽しみがありますし。 交渉キャラで延々と店回りするのって、あんま楽しくないしね・・・・

●コンバットアーツ
インパクトショット
主力。 ボタンを押しっぱなしにするだけで敵が次々と倒れていくお手軽さ。 個人的にはマルチショットは火力が出ないので自然と使わなくなりました。 modではダブルショットが重要。 修練スキルとヒット毎リチャージで、これを連射できるようにするのが弓ドラ子、最初の目標。 昔ROで弓やってた身としては、神速DSに感動。
マルチショット
mod1のリロードが必須。 火力に若干の不満がありますが、樹皮が育っていない序盤では大群を相手にした時、mod2の吹き飛ばしが大活躍。 引き撃ちすれば、防御に不安があっても捌ききれると思います。 前にも書きましたが、敵が逃げ出す確率付き武器と組み合わせると敵が近寄れません。
アキュレシー
命中力補強の要。 mod3のリチャ短縮がポイントで取ったとは、リチャを気にせずにLvを上げまくっていい。 mod2は必中アップが鉄板みたいですが、貫通をとってもニオブでミス多発なんてことにはならないです。
絡み草の檻
対ボス秘密兵器1。 猪突実績のためのシルバー進行でも、要所での対エリートで大活躍。 単体相手の場合は、コレがある限り絶対に負けることはない、ラスボス相手でも。 Lv1のまま、足止め目的で使うインチキ臭い性能のCA。
古代樹の樹皮
ドライアドが誇る反則級のバフCA。 modは堅い樹皮-レジスト-安息がお勧め。 安息を取ったとはリチャを気にせずにルーンを注ぎ込み。 その圧倒的な回避力・防御力の前にほとんどの敵の攻撃が無効化されます。 遠距離キャラなのに、(ニオブにっても)敵の集団に突っ込んで、囲まれながら連射するのが当たり前になる性能。 防御力が異様な勢いで伸びるので、Lvを上げるのが楽しいw 対火炎にペナルティが付きますが、レリックさえきちんとしてれば無視できる程度のものです。 つーか、気づかないレベル。
緑の祝福
超強力リジェネ。 制限近くまで上げていけば1秒でHPがほぼ全快する回復スピードのうえ、mod次第ではずっとかけ続けることもできる恐ろしさ。 正直、12秒ごとにかけ直すのは面倒ですけど。 樹皮を抜けてくる相手に使いますが、樹皮が育つとほとんど出番がありません。 樹皮とこれで一撃死以外では、まずやられることはないです。
シャープマインド+大地の槍
対ボス秘密兵器2。 どっちも制限近くまでLvを上げて使う。 個人的はmodなしだと、必殺には程遠いと思います。 育ったところで使えば、ドラゴン等体の大きいボスはあっという間に沈んでいきます。 弓ドラとしては、この2つに注ぎ込むルーンをアキュと樹皮に回した方が強くなりますが、地味なドラ子さんにはボス瞬殺という浪漫スパイスがなかなかのもの。 (絡み草で完封できるのは置いておいて)  

●装備
 弓と吹き矢は入手しづらいのが最大の欠点。 バグで各々当たらない敵がいるので併用するのが吉。 普段は吹き矢を使い、ボスなど若干当たりにくい相手には、命中+なんかを挿した弓を使うようなスタイルが一番楽と言えば楽。
どうしても火力不足な感じは否めないので、2倍ダメージや防御力無視がお勧め。 もとの攻撃力が低く手数で勝負のタイプなので、ダメージ%よりも効果が出ると思います。 敵が逃げ出す確率なんかもいい感じですが、アイテムが取りにくくて嫌というひともいるようですね。 HP吸収もモリモリ吸い取り、画面もやや賑やかになりますが、ドラ子さんはそもそもダメージを受ける機会が・・・。
 防御面では、回避値+が樹皮の補正で効果大。 Lvが低くて、ボスの攻撃が当たると一撃死してしまうときはHP+のアミュレットを一時的に装備してみると安定します。 一撃死しなければ、あとはどうとでもなりますし。


遠距離キャラとしては、異様に防御面が充実しているのがドラ子さんの特徴だと思います。 他キャラに比べると火力が出ないという話もありますが、ストレス無くニオブをクリアできるので必要充分な感じ。 逆に鉄壁過ぎるので、人によってはインパクトのボタンを押し続ける作業、と感じてしまうかもしれません。
・・・・、・・・・うん、あと、散々言われてるけど・・・・どうにもゴリラ顔なのも欠点ですよね。

2010年4月 6日

ハートキャッチプリキュア! #9

220405.png言ってくれなきゃわかんないヨー
のシーンと、立ち話も何ですから 〜 ね、そうしましょう、のシーンが危険すぎる。
やばっしゅ! えりかさん毎回プリティでキュアキュアですよな。

今回は作画がいつも以上にどれみしていたと思うのよ。
自分でも、プリキュアとして見てるのか、どれみ新作として見てるのかますます怪しくなってきておりますよ。 でも戦闘時のカットがローアングル多くて良かったですな。 いや、アクションの迫力的な意味で。 勢いを感じさせてくれる大胆な構図は手書きならではよね、3Dだと絶対破綻するもの。
前回のラストと同じく、夕暮れも印象的。
話の方も個人的には面白かったですよ。 時にくどいとも言われる成田脚本らしくて。 
どれみくらいでしか分かりませんが、ウチは好きですよ、成田さん。
あかねさんの時とどう違った話を持ってくるのかと思っていたのですが、娘を絡めて、引越し・おばあちゃん子あたりの設定を補完していたりと中身ありましたな。 
場面場面での細かい表情付けもまた丁寧で。

その一方で、お約束的な花咲家の話と対比されて、小畑さんのキャラがプリキュアとしては特異過ぎ。 嫌らしい生々しさが。
研究職に就きたくて大学でたけど営業回りとか、このあたりに含まれてた部分は大人、っつーか社会人じゃないとわかりにくいですよね。 コレ、学生じゃわからん部分もあるよな、なんて掲示板とか見てて思いました。 小畑さんがつぼみに説得を頼むのに違和感とか見ましたけど、本物の交渉・営業職だったら、子供だろうがなんだろうが話のきっかけに使いますわよ。 説得させるのが目的じゃなくて、あくまで話を持っていくための手段としてですけど・・・ってまあ、そこまでは考えて書いてないと思うw 
会社的には、小畑さんが引き抜いてくる親父>>(越えられない壁)>>小畑さん、なあたりが透けて見えるあたりなんかも泣ける。
裏読みすると・・・、やっぱくどいよね。 面白いけど。


来週。 予告見たらダークさん登場ですか、展開早いな〜。 次回もわりとシリアス回かね、と思ってたんですが・・・、公式の方のあらすじ見ると酷いカオスぶりw 
誰はなし書いてるんだろ。
 

2010年4月 4日

いまさら フレッシュプリキュア!

220403.jpgムシキング以来、久方ぶりに見始めたTVアニメ、ハートキャッチプリキュア!が何だかんだで面白かったり。 いや、面白いと言うか、どれみ的雰囲気に酔っているのか? 
と言うことで、シリーズ過去作も見てみようじゃないかという流れ。
無印、MHまではリアルタイムで見てたけど。
SSも今見れば、食傷感も薄れて面白いかも・・・、yes!もOP曲が妙にヒーローものしてて好きなんだよな・・・と考えを巡らせたあげく、まったく動いているところを見ていないフレッシュプリキュア!を見てみたのですよ。


なんだろう、この不思議な感じ。 女児向けってことでダンス要素なんかを盛り込んでるわりに、何だか今ひとつ垢抜けてないというか、どことない昭和臭。 なんでだろう。 演出とかポージングとか色々あるような気がしますが。
・・・あれ、でも、なんか心地よくね?

毎年フリフリ感が増量していった衣装に比べるとあっさり気味のデザイン。 プリキュアよりもピアキャロが似合ってそうだと、最初は思ってみたり。 顔つきも眼のキラキラ感が押さえ気味で、こちらもわりとあっさり目。 そしてこれまたあっさり目な作画(w)と合わせて、ライトな画面が意外に好印象
で、初代ほどでは無いにしろ、戦闘シーンがいい意味で泥臭いんだな。
(そこから「悪いの〜」への落差もプリキュアしてますが。)
ぱんつ廃止は、素晴らしい変更点だと思いますよ。

3話まで見た感じ、ブッキ〜が人気要素的な意味で強い印象。
髪型が他2名に比べると無理がないので、EDでもモデル映えしてる。
まあ、個人的にはですね、ラブい人がですね、なんともいい感じで。
主にアクション時の脚とか脚ですとか脚だったりとか。
一方、青い人は早くも空気になりかねない雰囲気。

いい意味で、自分のプリキュア像を裏切ってくれて楽しかったので、ハートキャッチと合わせて、こっちも見続けてみようかと。 最初はあんだけ違和感のあったOPボーカルも、繰り返し聞いてたらこれはこれでイイんじゃないかと思い始めてきたし。