2009年6月28日

THE IDOLM@STER 4th ANNIVERSARY PARTY(3)

090612.jpg

今回の戦利品その3。 いやまあ、会場で買ったわけではないですが、移動中に入手したもんで。 ウチのPSPは何ヶ月もWSがささりっぱなしです。 伊織・ゆきぽがいる時点でなあ・・・なにげに貴音もツボなので。 
まあPSP自体、ほかの事に使ってないんですが。 ってかさ、ファミコン世代のおっさんとしては、ゲエムはTVとか筐体の前に座って遊ぶもんなんだよ。。。w
・・・・嘘です、すみません。 ゲームギアだけは受験勉強中、狂ったように遊んでました。


17.『Here we go!!』(仁後・滝田)
18.『キラメキラリ』(仁後)
19.『空』(滝田)
20.『ゲンキトリッパー』(仁後)
21.『花』(滝田)
小鳥さんのゲエム曲って初めてな気がしましたけど、どうなんでしょ? 他にMW00の曲アイマスくらいなんですが。 
欲を言えばリミの方で、小鳥さんにキュンキュン言ってほしかったなりり。 
高いところからアリーナを見てて改めて思ったこと。 ウルトラオレンジ、マジパネェw ライトと言えば小鳥さんは緑の人が多いのね。 パーソナルカラーは黄色だったと思うんですが、やっぱ髪とか事務服で緑のイメージ強いもんな。 つまり・・・緑は、美希・りっちゃん・小鳥さんと使いまわせるわけだw

しかしこの二人、わりとgdgd展開のアイマストークの中でも、輪をかけてMCが異次元過ぎる。 いい意味で。 キラメキラリ、うはーすげー踊りながら歌いきっちゃった、なんて思ってみてました。 前は最後の方、大変そうだったんだけど。 ゲンキ、拍が撮り易いので、盛り上がりますよな。 力強いんだか可愛いんだかよーわからなくて、ニヤニヤしながら腕振ってたと思います。 キモいなあオレw

空、最後はみんなで歌うのってもうお約束? で、花。 ML期の新曲では1、2を争う良い曲だと思うのですが、皆さんはどでしょ。 CDで聴いてもちょいウルっときましたが、生だとなお一層引き込まれますよな。 サイリウムが揺れる風景も相まって。 個人的には今回、一番ぐっときたかも。 ジュリーザ様、さすがですわ。


22.『目が逢う瞬間』(今井)
23.『フラワーガール』(原)
24.『My Best Friend』(原)

25.『arcadia』(今井)
26.『蒼い鳥』(今井・原)
あー、やっぱり、今井麻美=如月千早だと思わざるを得ないですね。 arcadiaは圧巻でした。 スイッチ入ったときのミンゴスは凄えなあと。 去年のinfernoとかちょっと思い出したり。 なんか今更、あれこれ書くこともないような気がする鉄板ぶり。 
・・・いや、そういう意味ではなくて。

はらみー、お姫様ティアラ付けてたのね。 あとからミンゴスブログの写真見て知りました、さすがにようけ見えなかったんですよ。 こうしたちょっとした所が、プレイヤーの心を熱くさせてくれるなと思ったりしり。 貴音の可愛い部分を前面に押し出して歌ってましたな。 ミンゴスと対照的な感じで引き立ってたような気がします。 見てるこっちも、可愛らしくイェイ!とか言いたくなる勢いで。 丁度、MS04直後という事もあって、色々と駆り立てられるものがありましたw

さて、二人のソロが終わったあと、暗転してのナレーション。
「始まりがあれば、終わりがある」的な。
続けて、ふたりが青い鳥歌ったんですが・・・、ウチの席からはステージが見えないわけですよ。 あれ? 歌ってるのミンゴス・・あれ、はらみー?はらみー?てな感じで。 1コーラス目がはらみーメイン、2コーラス目ミンゴスメイン、最後ふたりで、といったパート分け(多分)だったんですが。 これね、直前のナレーションも絡めてね、舞台が見えないとかなりね、「くる」ものがあったわけねw

終わり、という言葉の後で、千早ソロが大定番の青い鳥を、貴音とふたりで歌ってるわけですよ。 いやまあ、ステージの上には二人立ってたんですけど・・見えないだけでw 後から歌ったミンゴスもまた、いつものビリビリした緊張感のある歌い方と少し違って、ちょっと柔らかい感じがしたのね。 で、一人ハラハラ思ってたわけですよ「バトンタッチ? くるべきときが、ついにきたのかもしれん・・・OTZ」


27.『“HELLO!!” GAME Ver.』(戸松・花澤)
DSのムービー紹介があったと、思われる(笑) しかし会場を揺るがす変態コールに「みんなを訴えてもいいことになるんですよ!」とか、ガミPは愛されてるな。 ウチも好きだけど。 ディレ1と同じくらい。
ぶっちゃけ、DSというハードゆえに期待してないわけですよ。 正直なところね。 ・・・でも、PSPの時も同じこと言いつつ結局買ったからなw まあ、9月の他のゲエムの予定次第ですかね。 ドリクラがどんだけ長持ちするかとか、FORZA3の動向とか。 で、担当声優発表。

090628.jpg

ホテルに戻った後、本スレ見たら随分と荒れてましたが(そう言えば去年もそうだったなw)、最近の声優さんがまったく分からない自分には何と言うことも無かったり。 
歌ってることとか見たら、随分舞台慣れしてる感じの人だなって感じはすぐ分かりましたけど。 いつものアイマスの、あの独特の初々しさは確かになかったりしり。 あれが、不思議にファン心理をかきたててる部分も一部あるとは思います。 まあ現時点で、個人的に一つ言うとすれば、貴音と響も大事に育てて欲しいなあ、ということだけですよ。

唯一、涼役の三瓶由布子さんはwikiで調べたら、だぁだぁだぁ!の彷徨でわかりました。 でも今から9年前なのね。 
時がたつのって早いですw どれみ無印なんて10年前だよ・・(遠い目

新曲はとてもポップな感じで良かったですわん。 アイドル曲というよりはアニソンぽく聞こえましたけど。 ゲエムはともかくCDは買いますよw


28.『THE IDOLM@STER』(全員)
最後はやっぱコレだなあ、といった感じで。 
ラストの紙テープと紙吹雪が真横に飛んでいくのを見たのがなんか新鮮でしたw
アンコール・・・は無かったですね。 もっかい765961全員出てきてのカーテンコールあったけど。 時間押してたんでしょうな。 時計は既に9:15近かったと思います。 もともと内容詰め込みぎみなのに、入場でゴタゴタしてたしね。 スタッフに文句を言うつもりは無いけど・・・もし予定上ではアンコールでLOBMあったとしたら・・・とか思うと少し悔しいw いや、ほんとに少し。 少しだけだよ。  少しだけなんだから!!

あのメンバーでのLOBM、結構期待してたのよ・・

終了後。 会場にかかってた乙女で盛り上がってるアリーナを眺めつつ退場。 「PSPの名刺交換でPの交流を交流を深めてくれよな」的なDa軽口のアナウンスに対して「もう電池ねーよ!」ってかえした人には大笑いさせてもらいました。 ですよねー。
横浜の時は広いロビーや海に面した会場前スペースがあって、ダラダラと余韻を楽しむこともできたんですが、今回はさすがにそうはいかない感じでしたね。 ちょい残念。 さっさとホテルに戻りました。 途中、松屋でご飯食べつつw
心地よい疲労感と興奮が抜けきらない状態で、とりあえず本スレ見たら・・・声優論争で荒れてて悪い意味での疲れがどっと(笑) いつもながら、参加者が普通に感想言い合えるところがあるといいんですけどね。 不思議と避難所機能しないしw


今回のライブも、曲が多くて楽しめました。 構成上、次に誰が何を歌うのか的なところは丸分かりだったので、そういった意味での楽しさは薄かったですけれど。 MS新曲が聴けたりして良かったです。 あまり声優さんに詳しくない自分としては、もう一段、DSネタで落としてくると良かったんだけど。 あと、LOBM・・・w まあ、何はともあれ今回も先生は輝いてた。 アッキーはかわいかったw


まともな感想かけない感じでしたけど、やっぱりまた次も行きたいですよね。 チケ取れたら。 ここまで読んでくれた方、長々とありがとございました。




追記:次の日の朝、水道橋駅前(歩道橋の下)で交通事故あってビビリまくり。 
タクシー、ぺちゃんこになっててガクブル。

追記2:ライブDVD発売決定ーー♪
ああ、これでいろいろと補完できる・・・w

2009年6月14日

THE IDOLM@STER 4th ANNIVERSARY PARTY(2)

090611.jpg

今回の戦利品その2、MAダミージャケット6枚・・・のうちの2枚。 
流石に6枚とか揃えられないよw
「春香とゆきぽで!」「春香”さん”と雪歩ですねっ!」売り子もよく指導されてたな、おい(笑) 2枚選ぶとしたら、自分としてはコレしかないよなあ。 伊織あったら、無理やりもう一枚何か買ったかもしれないがw どの娘も好きなんですが、やっぱりこの3人は自分の中では別格。


何となく嫌な予感が予感がしつつもLIVE開始。 前説は小鳥さんでなくてDa軽口でした。 3rdの時は樹里きちの出番半端無かったので、これでいいと思ったよ。 そう、そしてそこで私は気づいてしまったのです。 「携帯電話は電源を切ってくれよな。 ただし、ののワさんストラップを付けている奴は特別に許可するぜ」(うろ覚え)的な前説に盛り上がる会場・・・って、席があまりに脇過ぎてスクリーンがみえないよ、ママン! スクリーンにはののワさんストラップの画像も出てたみたいですね。 
今回はホント、電撃のHPに感謝w
鉄山靠で前の人を押しのけるのも禁止、みたいな事も言ってましたが、3階バルコニーでやったら、リングアウトどころの話じゃないよw 
DoAなら、なんとか生きていられそうですがw

01.『THE IDOLM@STER GAME Ver.』
(中村・今井・仁後・長谷川・原・沼倉・平田・若林・たかはし・滝田)

全員揃っての曲アイマス、やっぱり盛り上がるよなあ。 足元にスピーカーあったんでフェンスがびりびり震えて、ダライアス筐体ほどではないですが、これはこれで面白い迫力がw 白基調のイメージカラーのドレスがステージに映えてたよね。 今回、ライトが強かったような気がするのでそのあたりも含めて。
曲が終わって挨拶の後、中村先生とアッキーが着替える間、はらみ〜とぬ〜ぬ〜にあだ名を付けるといった形でトーク開始。 そしていつも通りのgdgdトークが展開。 ああ、やっぱりいつものアイマスだw 神が「はらたいらに3000点」、キング「沼倉さんだからクラさん」とか言ってましたが、もう20代には苦しいよ・・・。 が、散々のgdgd展開をさらに超える、樹里きちの一言。

090608.jpg

平田「まだ、そんな時間じゃないですよ」
関係ないですが、この時仕切ってた平田さんの背中がずっと見えていたのですよ。 肩から背中にかけての部分がこう・・何ですか、色っぺ〜。 いや、別にガン見してたわけではないですよ。 ほんとだよ? この人はなぜ毎年若返っているのか、不思議すぎるw


02.『乙女よ大志を抱け!!』(中村)
03.『I Want』(中村)

04.『ショッキングな彼』(長谷川)
05.『ふるふるフューチャー☆』(長谷川)

06.『shiny smile』(中村・長谷川)
今回のライブ構成は、二人一組で各々MA・MSそしてデュオで、を5組。 今回参加の中の人では、個人的に期待してた二人がいきなり来たぜ。 神の「Lvアップしたいですよね〜〜!!」 の呼びかけので大盛り上がりな中、中村先生登場!!・・・・あれ? あれれ? およ? およよ〜〜〜〜?

090614.jpg

そう。 今回はこんな感じだったのです(T▽T ヲー!!とか歓声が上がると、多分、アピったんだろうなとか、そんな感じw まあ、ずっと見えなかったわけじゃなくて、基本アップテンポな曲の2コーラス目は前に出て来てくれたり、トークや全員曲はかなり前の方で歌ってたんで、何とか。
まあ正直、不完全燃焼なところもあったんだけど、やっぱアイマスライブは楽しいんだよな。 信者乙とか言われればそれまでなんだけど。 隣の人と、フェンスに乗り出して見てましたw 逆に言えば、ずっと一目でホール全体を見渡せたのですが、満員の中揺れるサイリウムとか見て、すげえエネルギーだな、とか思ったりしてました。

こうなったら、歌と雰囲気に集中するよ!wって思ったのです。 で、まず思ったこと。 中村先生、煽りぬきで歌上手くなってませんか。 乙女、完璧だったような、ってかCDより良かったかも。 相性も強く出るタイプだと思うのですが、芝居の入る歌い方するとやっぱり一級品ですよね。 その点ではメンバーの中でも、頭ひとつ抜けてると思います。
I WANT。 PSPで全員分配信されましたが、やっぱこの独特な、激しくも危うい空気感は中村先生でないとな。 お約束の高笑いも。 高い位置から見てると、アリーナを埋め尽くす赤いサイリウムにマジ圧倒されます。 ヴァイヴァイ!

そしてアッキー。 やっぱり、アッキーカワユス。 スタイルも良すぎだろう。 「大好きアッキ〜!!」 視界に入ってきた間は今回もガン見w ふるふる、振り付けもほとんど再現してたそうで見れずに残念でした。 で、MS曲『ショッキングな彼』。 名古屋組からはかなりイイ!と聞いていたのですが・・・、期待以上でしたぜ。 ノリのいいメロに、草食系男子はつまんない的な歌詞が美希っぽかったですよ。 生で既にあの安定感だったから、CDではかなり聴き応えのあるものになるんじゃないでしょうか。 自分の中では超良カバーのハリケーン越えそう。
shiny smileは、新旧(?)ヒロインってことで貫禄あったなあ。 美希はSPでの扱いが正直今ひとつだったけど、すっかりアイマスの顔になったよなあと思う。


07.『迷走Mind』(平田)
08.『Next Life』(沼倉)
09.『自転車』(平田)
10.『太陽のジェラシー』(沼倉)
11.『relations』(平田・沼倉)
どっちも聴かせてくれたなあ、圧巻。 失礼な言い方かも知れないけど、平田さんは見るたびに歌声もパワーアップしてるよなあと。 その存在感はまさに、そこに平田宏美。 迷走mind、CDよりも迫力あってよかったなあ。 あの声の通りと伸びは平田さんならではですわん。 『自転車』は視聴をスルーしていたので初聴きだったのですが、これもCDが楽しみ。 真っ直ぐな歌詞と曲調が真の爽やかさにあってる感じ。

Next Life、スピーカーが近かったので四つ打ちが最高に楽しかったw この曲、長いし歌うのも大変だと思うんだけど、ぬ〜ぬ〜は流石でした。 ジェラシー、自分の中では曲アイマスと並んでアケマスの代表曲のようなイメージがあるのです。 徹底して80年代アイドルしている曲調が印象的で。 その曲を響が歌うあたりに、ちょっとした時間の流れみたいな物も感じて、独特な気持ちがしたのですが、どうだったでしょうか。


12.『いっぱいいっぱい』(若林)
13.『Mythmaker』(たかはし)
14.『livE』(若林)
15.『隣に…』(たかはし)
16.『シャララ』(若林・たかはし)
この二人、いつもながらライブでのパフォーマンスが半端ないよね。 ちょっとでも興味のある人は是非、生で見て欲しいと思うのですよ。 声優ライブ、のイメージ変わるかも、ね。
「いっぱい!いっぱい!いっぱい!いっぱい!」 これだ。 こればっかりは、その場所にいないととても伝わらない盛り上がり。 マスボの特典映像でも雰囲気は感じられると思いますが、生はとにかく凄いぜ。 
そして『livE』。 圧巻としか言いようの無い歌いっぷり。 MSを意識した黒ドレスも最高だった。 色んなところで語られてますが、あの感情を搾り出すような歌い方は、生で聴いてこそ、だったと思います。 あんな激しい歌だとは思ってなかったよ。 でも、あの体全体で、ステージ全体を使ってのパフォーマンスはもう一度、DVDで見たい・・って、言ってること矛盾してますねw 表情含めてのアップで見たら、もっと発見がありそうなんだよね、って電撃サイトの写真見て(笑)思いました。 ほんと神の名に恥じないですわ。

会場を埋め尽くす緑のサイリウムがとにかく印象的でした。 色としては一番多く見えたのですが、どうでしょうか。 まあ、これは今回、いろいろと気づいたこともあるのですが、それは後で。

で、やっぱキングも凄かったわけで。 『Mythmaker』はよく言われてる通り、アフロ波平って雰囲気がピッタリですな。 キング節で歌ってましたが、CDではあれをあずささんで歌うんですよね? どうなるのか想像も付かないんですがw まあキングだし、納得いく形で落とし込んでくれると期待してます。 これも楽しみですわ〜。 
そしてやっぱり『隣に...』のラスト歌い上げるとこは、キングじゃないとな。 歌い終わった後の拍手が、盛り上がっての勢いでの拍手じゃなくて、心からの素晴らしい歌への拍手っぽいあたりが、アイマスライブだなあと感じる一瞬だったり。

そして。 二人がパジャマに着替えての『シャララ』。 キング提案とは言うが、マジ素足だし何なんだこのライブはw 二人とも、まったく曲調の違う曲を3曲歌ってるんですよな。 キャラ声のシャララ聴いてて、声優って凄いよなと思ったりしたわけで。 何気に髪をほどいていたあたりも、神の神たる所以だと思うのです。

2009年6月 7日

THE IDOLM@STER 4th ANNIVERSARY PARTY

あれから1週間たち、いつものように各地に感想なんかがアップされてるのですが、今年ものんびりと感想なんかを書き留めておこうかと。 
実際、先月の検索ワード見てみると、アイマス 4th なんて単語で飛んできた方もそれ相応にいたりしましたし。 で! す! が!!

=アイマス4thライブの感想=

1.「心眼」、心眼を使う。 
2. 舞台の横を、なんかね、柱が付いてるの。柱付けるの。 
3. なんかね、あんね、正面できっと見たら、見えた事があるはず。
4. なんかね、味が薄いからね、あまりDSは好みじゃない!!
5. あのねぇ、なんか、イメージ的には掛け声と棒で、なんか、盛り上がる様な感じでね。
6. ステージではきっと踊ってると思われる。 
7. なんかきっとアピールとかも入って・・。
8. あのさ、よくさ、ライブ音源とかのCDとかにも入ってるかもしんないなって感じ。
9. わかんない、あっ、でもあれかも、覗き見っぽいかも。
   (⌒⌒⌒)
    ||
  , ‐、 ,- 、
 ノ ァ'´⌒ヽ ,
( (iミ//illi)))  < 絶対こんな感想じゃわかんないよ!
)⊂リ・ω・ノ(
´ /    ∪
 し'⌒ J |l| | ペシッ!!
    ・゚・。゚・ 。 ゚
   )⊂二⊃(
  ⌒)   (⌒
    ⌒Y⌒
勘のいい人なら、何か気づいたかも知れませんw まともな感想になりそうにないです・・OTL まあ、当日の様子も含めて時間を追いながらダラダラと書き綴って行きますので、暇な人は雰囲気を思い出しつつ詠んでくれたら嬉しいかな、みたいな感じで。


去年と同じように、始発の特急で出かけました。 指定席取れなかったんで自由席だったのですが・・・、ずいぶん席空いてるやん。 で、暇つぶしに携帯で本スレ見るあたりも去年と同じ。 お前ら並ぶの早すぎだろう、と思うのも去年と同じ。 横浜の時と違うのは、どうやらむこうは雨らしいですよ、ということ。 そんな天気にも関わらず、けっこう並んでた人はいたようで。 列整理で折り返したら屋根からはみ出て寒いとか、生々しい書き込みをみたり。 確かに東京に近づくにつれて雲行きが怪しく、そして都内に入ったあたりから窓ガラスに雨粒が・・。

上野着が0925。 事前から調べてたとおり、上野>秋葉原>水道橋。 そう言えば今回も結局、秋葉原行かなかったな。 ・・・なんか怖いねん、あそこw 水道橋降りて、北のほうにテクテクと。 雨の方はほとんどやんでいて、傘を差す必要がなくて良かったです。 歩道橋から奥に入らないで、ドームホテルの前に下りて歩いていったのですが。。。いるわいるわ、怪しい集団がw 道路側から通りすがりに見た感じ(折り返しのあたりですね)、まあこんなくらいかと思ってました、その時はw 
5分くらい歩いて、ホテルに荷物を預けて戻ってくる。 道路側から奥へ奥へ。。。あれ?結構列が長くないですか? お、ようやく最後尾発見( ̄∇ ̄)
係員「最後尾はそこのエスカレーター上がった2階です。」
おまえら、頑張りすぎだ。 物販は通販もあるから横浜より楽かと思ってたんですが・・後から考えれば、どうにも見通しが甘すぎ。
ちなみに列に並んだのが10:15ころ。

090607_1.png

※画像はグーグル地図からお借りしました。

2階にいた頃、というか最初の頃はそこそこの速度で進んでいたと思うのですが、時間がたつにつれて遅くなり・・・。 5分おきに数歩進むような感じに。 終わった頃には4時間が過ぎていたと言う。 正直、東京までの電車よりも長い時間並んでいたとかw 並んでいる間に、携帯の電池が切れ、ipodの電池が切れ・・・。 まあ、こうやって並ぶのも祭の一部みたいなもんだから、とは思っているものの正直疲れました。 この手の列に並ぶ時、偶然隣り合わせた人らと話すのがすきなのですが、今回はPSPもあって、そんな感じじゃなかったし。

そんななか、物販スタッフが販促で歩いていたのですが、CDを落っことして「春香さんがーーー!w」なんて叫んでたり。 反対側から見ていたのですが、疲れが出てきた中、非常に和みました。 どっ!と沸いてたし、和んだ人も多かったんじゃないかな。 
物販でCD買ったとき、二言三言その人と話したのですが、独特なのりのある面白げな人でしたよ。 十枚とか買わなくてすみませんw
で。 自分が買ったのは、パンフとカレンダー、あとCDをちょっと。 まあ、価格もあって記念品みたいなもんですね。 カレンダーの杏仁絵はなかなかいいんじゃないかと思いましたが、買った人はどうでしょうか。 芋とかコタツとか。

090607_2.jpg

物販終わって会場を出たら既に3時前、時間かかりすぎた。 横浜の時と比べると随分裁くのに時間かかってた印象。 単純に人が多かったのか。 中で一番人が思われるパンフ等で売り子さんが3人。 一人30秒ずつかかったとすると・・1時間で360人? 4倍で・・まあ考えてみれば妥当なところか。 待機列4列だったしな。 コミケ行く人とかに、何時間も並んで同人誌買うとか信じられないおwwwwwww 馬鹿馬鹿しいにも程があるぉ、プゲラwwwwwwwww とか言ってたのですが、人のこと言えないですよね。 こっちは薄いパンフに4時間かとw

その後、いったんホテルに戻って休憩。 今回お世話になったのは、ホテルウィングインターナショナル後楽園様。 JCBホールからは歩いて5分くらい。 遊園地は目の前、と言うところで中々な立地。 値段も6500円と割安だったですよ。 ホールとホテルの間に、松屋があるのも大きいぜ。 ほんとウチはどこ行っても、その手の店ばかりですね・・・・w。 絶対、ネカヘよりもビジネスホテル泊まりの方がいいと思うんだがなあ。 のんびりできるし、ノーパソ持ち込めば普通にネットも使えるし。 シャワーしたりして、のんびりと5時前に出発。

会場の前は予想以上のカオスぶりでしたw 横浜は会場の周りにかなりのスペースがあって人も分散してたのですが(それでも随分人いましたけどね)、今回はホール前の通路くらいしかないので凄いことに。 上の図の中央部分に3000人いたわけだからなあw とりあえず人ごみをさけて水辺に座り、その場を落ち着いて眺める感じで日和ってました。 5時過ぎて入場整理始まったのですが、各地で言われてたように大変なことになってましたな。 自分は幸い、休んでた目の前で指定席の列整理始まったので、移動すら必要なかったのですが。 
あの人ごみの中で「こっち、あっち、さっきの」的な言い方さてれも混乱するよね。 とは言え、怒鳴ってた人なんかはかえってそれが混乱に拍車を掛けてるのに気づいて欲しかったかと。 最後は2階部分から乗り出して有志で列整理してた人も出てきたりして、凄いことに。 その行動力に乾杯。 
自分はさっさと場所を得て、そんな様子をのんびりと本スレの実況とあわせて、見たりしていたのですが、ホテル側のデッキ部分で(上の図で言うと中央の逆Lのところ)カメラ回してたのを見かけたり。 今回はDVDとか出るのかい? 出たら今回も間違いなく買うよ、ホントに。 なんせ・・・ゴニョゴニョ(r

指定席の列ほぼ先頭にいたのですが、席に着いたのが17:50ころ。 席がむっちゃくちゃ高くて、アリーナの人たちがゴミの様だ、いやマジで。 正直ちょっと怖いくらいの高さでしたよ、1列目だったのでフェンス越しの足元とか。 この時点で指定席はほんと人入ってなくて、間に合うのか!と。 指定席なのにドリンクとか取りに行くタイミングなかたよ。 実際、開始もかなり押したと思います。 席について、会場の様子を眺めながらスピーカーから流れてるMS曲を聴いてたり。 足元と真横にスピ−カーあったので音の大きさは半端ない感じで。 『I want』なんかも良いんだけど、春香ボーカルの魅力はカバー曲みたいな感情込め込めな部分だと思うんだ、なんて考えて、気分が盛り上がってきたりしたのですが・・・前説が始まって、驚愕の事実に直面したわけですw

だらだらと続きます。 この後もこんなペースで思いも語りつつw書いていきますので、着いていけない人はすんません。 ほんと簡潔に書くこととかできなくてごめんなさい。




=追記=
入り口付近にあった白い像は、
>宇宙に咲く花をイメージしたシンボル「コスモフラワー」(公式より)
なんだそうですね。 中学生は、二股大根にも反応すると言いますが・・・まあ、多くは語りませんw たぶんライブ前で、並んでた兄(C)たちも気分が盛り上がってたんDANE☆