2008年8月 3日

THE IDOLM@STER 3rd ANNIVERSARY LIVE(4)

3rd15.jpg
一夜明けて、横浜二日目。 この日の予定は厳しくて、特急の時間までにアイマスEDの元になったところを2ヶ所まわって写真を撮る、と。 朝早く出ても良かったのですが、荷物抱えながらラッシュに巻き込まれては一たまりも無いので(月曜日でした)、9時に桜木町のホテルをチェックアウト。 前日のジリジリとした晴天とはちょと違って薄曇だったのですが、湿気があってとにかく暑い日でした。

桜木町から京浜東北の各駅で(笑)二駅先の石川町へ。 そこから首都高の高架下を歩いて、港の見える丘公園を目指す。 公園前の坂が荷物抱えたままだとかなり厳しかったw 地図だけではあんな急だと思わなかった。
現地に着いたら二組ほど、どうみてもPとおぼしき集団が二組いたり。 とりあえず、時間が無いながらも少し公園内をてくてくと。

3rd16.jpg
EDの場所から、左を向いて歩いたところ。 
伊織のハプロケのタイトル画面
ですね。 前もって、伊織のハプロケで遊んだりしていたのですが、時間的に山下公園も赤レンガ倉庫も馬車道も中華街も回ってる時間なかったですよ。 まあ、ライブのための突貫旅行でしたし。

3rd17.jpg
ベイブリッジだけ見たところ。 海沿いとは言え田舎の小さな町に住んでる自分には、こうした巨大な人口の港の風景って、ある意味ファンタジーに見えてしまいますわ。 まあ、うちの町にも海沿いにとんでもない要塞wがありますが。


3rd19.jpg
3rd20.jpg
で。 予定通りの場所で撮影。 いい具合に誰もいないタイミング。 さすがに自分の足でここまで来ると不思議な感じがしましたね。 しかしドームにしろ武道館にしろ随分離れてますよねココw 伊織とかステージ衣装のままここまで来たのかwとか、体調の悪いやよいをこんなところまで連れてきたのかwとか色々と思ったりり。

3rd18.jpg
折角なんで、公園内でも何枚か写真とって着ました。 丘の上、周りの町並みもどこか異国な雰囲気ってことで、いいところだなーと思いました。 下調べしたときにカポーに注意、って書いてあったのも頷けますわん。


感傷に浸る間もなく急いで駅に戻り、前日の反省を糧に京浜東北の快速に乗る。 大井町で臨海線に乗り換えて、東京テレポート下車。 列車内はどうみてもお台場行きの行楽客で一杯です。 妙な違和感を感じましたw

3rd21.jpg
去年のライブやったZepp東京とかこの辺りなのね、とか思いながら、例の大観覧車の足元を通りつつ、公園の中を夢の大橋方面へてくてくと。 。。。暑かった。


で、着きました。 この旅の最終目的地点。
3rd22.jpg
3rd23.jpg
ちょうど橋の上には人っ子ひとりいなくて、撮影にはいい感じでした。 橋の上は海風なんかも吹いていて、少し爽やかで。 馬鹿馬鹿しい話ですが、橋の上を歩いていたらなんかもう涙出そうに・・・・w これまでのゲーム通しての思い出とか、昨晩のライブの興奮のあととか、いろんなものがこみ上げてきまして、ね。
 
盛り上がったライブの後に、ひとり静かにココにやって来た、っていうシチュエーションもまたある意味、格別だったのかも知れません。 確かに夜じゃなくて真昼間だし、撮った写真にしても(wh●Pの美希フェス好きで何度も見てたし)素材として微妙なんだけども、自分の足でここに立ったのは、なんとも言えない気持ちになりました。 フィクションと現実の間に不思議な形で存在してる、アイマスならではだなーとか思ったり。
この後、急いで上野まで戻って、発車30分前に着きました。
長距離移動用のお菓子と漫画を買って、特急の指定席に乗り込み旅終了。


なんて感動してたんですが、帰って地図とか見てたら・・・つーか、コミケやってる場所って、この橋の向こう側なんだってねw コミケとか行く人には別に珍しくも無い風景なんですね、ここもw まあウチがコミケに行くことはないと思いますんで、いい機会に訪ねることができたと思います。 この風景も再来年には見れなくなってしまうそうですしね。

これで、今回の記録は全部終わり。 全部眺めてくれた人がいたら、ありがとうございました。 次の機会が・・あるといいですよね。

2008年8月 2日

THE IDOLM@STER 3rd ANNIVERSARY LIVE(3)

ここで前半戦終了。 あまりの密度に時計を確認したw
一旦、メンバー全員でてきてキングが3文字で感想を、のムチャ振り。
アッキー「うれし、い」
あさぽん「すきだーー!!」
この夫婦、さすがですw

25.魔法をかけて! (今井・若林)
神の魔法は鉄板すぎ。 REM@STERじゃなかったけど、ミンゴスもノーマル千早じゃなくて、REM@STERっぽく歌ってましたね。
で、ここからはML曲、と若林神。

26.バレンタイン(長谷川・下田)
この二人は歌も振り付けも安定してたなー。 予想通り、ライブ映えする曲でしたね。 最後のおにぎり波はわからんかった・・・だって3階席ですものw

27.YES♪(平田・中村)
あまり話題に上がることのないような印象のある曲ですが、いい曲ですよね。 色々言われる中村先生も、歌えていたと思うよ。 確かに技術的なものはレディオコンビとかに比べたらアレですけど、一生懸命な気持ちののった歌い方は春香や、先生ならではですよな。

28.inferno (今井・たかはし)
歌姫楽園デュオの本気。 あまりの声量に音割れてたよねw ML版千早・雪歩の細い糸が張ったような緊迫感とは違う、突き抜けた勢いと迫力が最高でした。 ある意味でREM@STER Ver.。 これだけでもレディオで流してくれないものか・・あのサビのハモリとか、参加できなかったPにも聞いて貰いたい。 個人的にはこのライブで、3本の指に入る曲でした。

29.shiny smile (釘宮・若林・長谷川)
そしてシャイニーfull。 最初の時は無駄に盛り上がってて気づかなかったけど、振り付けの再現度も凄くて驚いてしまったのですよ。 ここで、ちょっと落ち着くようにということで、しっとりした曲を4曲。

30.思い出をありがとう (仁後・下田)
やよいと亜美の思あり。 ちょっと意外な組み合わせ。 アイコンタクトして台詞に入るところとか最後に並ぶところとか、良かったですよね。 百合とかそーゆー下世話なんじゃなくて純粋に。

31.空 (滝田)
ID:[OL]だけじゃなくて、コレもあるなんて、ほんと総決算だなと思いましたよ。 樹里吉、ここからは皆さんも一緒に歌ってください。 ここも盛り上がりましたね。

32.my song (たかはし・平田・中村)
これが最後に来るとおもってたんだけどなw MLから伊織が抜けて春香が入ってました。 この手の歌うたわせたら、春香は最高ですよね。 平田さんの低音と先生の歌声を、しっかりとサポートしてたキングも貫禄ありましたね。

33.蒼い鳥 (今井)
ゲームでは誰でも歌えますが、やっぱりこの歌は如月千早の、今井麻美の歌なんだと改めて感じました。 CDでもかなり感動した思い出がありますが、やっぱり生は比べ物にならなかった。 ほんと鳥肌立ちましたよ。 最後まで聞き惚れてました、双眼鏡でミンゴス、ガン見しながらw

そしてここで、Pへのメッセージ朗読。 次々に歌が出てきて、いつまでも終わらないんじゃないかと錯覚してしまうような、このライブも、やっぱりもうすぐ終わりなのか・・と思ってたら、とんでもない仕掛けがまだまだ後に待ってましたな。
34.オーバーマスター(長谷川・沼倉・原)
曲アイマスを今風にしたような、ちょっと激しい感じのDa曲。 というくらいしか覚えてませんw PSP自体は分かってたので、映像出てもおkおk、こんな感じの画面かとか思いながら見てて、3人のシルエット出ても、あいかわらず情報小出しで引っ張るな765は・・・とか思ってたところに、美希移籍、高嶺・響の中の人が新曲ありで登場。 あまりの急展開にあっけに取られてた感じの人も多かったみたいですね、ウチもですけど。 
でも、この移籍発表の時の雰囲気のニュアンスが、待機組には伝わらなかったからか、情報だけが先走って、ホテルに戻った後で本スレ見たらあまりのネガぶりにビビりましたw

箱版の時はライブで発表するよりも先にファミ通で情報が出てしまっていたわけですが、今回はそれを逆に利用して、発表ったってPSP版のことぐらいでしょ?と思っていた参加者を驚かせてくれましたな。 このあたり、さすがですわw

35.まっすぐ (中村・釘宮・仁後・たかはし・若林→全員)
そして最後、まっすぐ。 これは最後に来ると泣けるよね、無印プレイしたPなら。 マイソン出た時点で、いっしょ、で明るく終わるか定番のこれかどっちかな、と思ってたんですが、やっぱりまっすぐで良かったと思いますわ。

そしてアンコール。
・・・が長くてちょっと疲れたw さすがに出演者の人も一息ついてたんだろうな、と思います。 この時点で開始から3時間近くたってましたし。
36.THE IDOLM@STER (全員)
アンコールこれだったのは、ちょっと嬉しかった。

そして最後に小鳥さんの、これからの展開(漫画とかフィギュアとか)のCMが入って、すべて終了。 「なおホールでは、物販の方が手ぐすね引いて待っておりますので」 「(千早フィギュアは)本人よりもスタイルが良くなっているような」等、最後まで笑いを誘ってました。
最初から最後の最後まで、樹里吉フル回転でしたね、ほんと。 疲れもあるのか、最後のCMのところなんかではちょと噛んでましたが、それはそれで可愛かったですw

そして、会場から出て海を見たところ。
3rd12.jpg
会場内に入った時とは一変して夜になってて(当たり前)興奮冷めやらないながらも、長いようで短かった夢のような時間が終わったんだな、と感じました。

3rd13.jpg
みんな満足そうだったよ。

3rd14.jpg
こうして長い長い、夏の日が終わりました。


今回のライブは、MCは極力控えめにとにかく歌う、といった感じで、個人的にはかなり楽しめました。 選曲も聴きたいものを歌って欲しい人が歌うような、「わかってる」ものだったと思います。 まあ正直、途中でもっとMCも入れば最高だったんですが・・・、それじゃ4時間とかなちゃいますよねw 
実際、一般のアーティストでも生で聴いてみるとCDに比べて随分とアレだったり、口パクだったりすることもある中、振り付けありで歌い通した出演者の皆さんには感動しました。 神とかミンゴス、キング、ひろりんあたりと同世代だしね、ウチw
あ、あと、アッキーが予想以上の可愛さだったw 

ライブとかでここまで満足したのは、はじめてかも。
また次も行きたいですね。 チケ取れたらw

2008年8月 1日

THE IDOLM@STER 3rd ANNIVERSARY LIVE(2)

当然のことながら、ここからは写真がありません〜。

ちなみにウチの席は3階D4列84。 かなり傾斜の着いた座席になってまして、前の人の影になって見えないなんてことはなかったですね(周りのPも紳士ばかりで感謝)。 10倍の双眼鏡で表情なんかも見れる感じでしたよ。 
そして何より、空調が行き届いていてめっちゃ快適でした。 叫ぼうが腕振ろうが汗だくにならない。 これだけでも、次もココがいいですねえw


恒例の小鳥さん前説。 ポリゴンの小鳥さんがL4Uで動いてました。 Do-daiポパピプペで「会場内では携帯の電源を切ってください。 ただし美希ちゃんドールや春香ちゃんのリボルテックを携帯のストラップにしてる勇者の方は電源を切ったまま外に出すのを許可します」 や「隣の席の方に迷惑のかかるような行動はやめてください」での謎のヲタ芸とか、開始前からテンション凄かったですね。 
同日開催の某超時空ライブネタやニコ動見すぎて寝不足とか、子ネタも入ってたり。 基本的に今回のライブは3時間歌って歌って歌い倒す、って感じだったのでMCや笑える小ネタは全部小鳥さん担当でしたな。 
進行、歌、踊りwと樹里吉はホント頑張ってたよって印象。

1.shiny smile (長谷川・若林・釘宮)
2.エージェント夜を往く(たかはし・今井・下田)
3.GO MY WAY!!(中村・仁後・平田 → 全員)

定番3曲のshortからスタート。
衣装はL4Uのパケ絵になってるVi服(ピンクアポロ)ベースでした。 席から見てる感じではそうでもなかったんですが、ミンゴスの写真とか見ると、ピンク部分とか相当反射する素材だったみたいですね。

4.Do-Dai (仁後・今井・下田)
5.私はアイドル (若林・たかはし)

「てんちょーー」、早速Do-dai来て、抑えて入ったつもりがかなりテンションアップしました。 どっちも、振り付けがゲームにかなり近くて良かったですわ。 わたドルとか、実際動いて見ると結構きついんですけどねw わたドルPVが初めて出た時に言われてた、アルゴリズム体操なんて単語も思い出してみたり。 DVDでもっかい見たいよなあ。

6.Here we go!!(REM@STER-A) (長谷川)
歌う前に「シーっ」って指を唇にあてるアッキーがカワユス。 ライブで、この曲が聴けるとは思ってなかったので嬉しかった。 ようやく落ち着ける曲が来て、サイリウムも無かったので、双眼鏡でアッキーをガン見。 とんでもないスタイルの良さに釘付けw 最後のとこで、例の小指立てモーションしてたのでちょっと、ざわざわ。 こういう話題の作り方は上手すぎるよねアイマス。

7.My Best Friend(REM@STER-B)(釘宮・平田)
伊織と真の、生きゅ、きゅきゅん。 合いの手部分が全部生だったのが良かったですわん。 スースーすると予告されてた平田さんの衣装も最高だったかと。 キャラマスの頃とは別人すぎる。

8.relations+ (中村・若林)
イントロの時点で、中村先生と神が歌うのにREM@STERじゃないのかYoと思いましたが、やっぱり期待を裏切りませんでしたな。 1コーラスの後、サンバアレンジのイントロが流れた時の盛り上がりは凄かったですね、あと生「わっほい♪」w 振り付けもノーマルとサンバと2種類用意してたあたり流石です。

9.9:02pm(REM@STER-B) (平田・長谷川)
2コーラス目のララララ、があって良かった。 ゲエムだとあんまり使わない曲なんですが、生で聴くといいよねえコレ。 ここでも双眼鏡でアッキー、ガン見。

10.太陽のジェラシー(REM@STER-A) (今井・下田)
MLのノリそのままで、ヘドバン&エアギター。 珍しいミンゴスを見た感じでしたw 後から考えるとこの長いライブの序盤でアレは体力使ったんではないかな〜と。

このあとで、ゆりしービデオ出演。 まあ、ゆりしーについては色々ありますが、正直に嬉しかったかなあ。 会場のPもほとんど肯定的な雰囲気だったと思いましたよ。 続いて、Vi審査員と小鳥さんのMC。 黄疸とかバナナとかw 
ライブ中非常に限られた休憩時間でしたw
このあと、二手に分かれてMAソロ曲メドレー。
春香の「話は全て聞かせてもらいました!」

11.キラメキラリ (仁後)
12.ふるふるヒューチャー☆(長谷川)
13.フタリの記憶 (釘宮)
14.スタ→トスタ→ (下田)
15.I WANT (中村)

どれも生で聴くとまた新しい感じで良かったです。 キラメキラリとか歌えるのかよwなんて思ってたけど、キャラ声かつ振り付けありで歌いとおす仁後さんすご。「ダンサーさんカモーン」  そしてやっぱり、アッキー、ガン見。 中村先生のI WANTは、もう独特の世界でw 照明も赤一色だったし。 高笑いとか、先生は盛り上げ方知ってるよね。

Vi審査員のセクシーさが足りないの一言で、小鳥さん含めての
16.ポジティブ(REM@STER-A)(たかはし・仁後・滝田)
樹里吉やっぱいい。 キングはダダ漏れw 会場全体の雰囲気が一気に変わって、みんなが音頭のリズムで手拍子してたのが、不思議な一体感で何となく笑えたり。

17.おはよう朝ごはん(REMASTER-A) (平田・下田・串田)
で。 おそらく今回のライブの最大震度。 平田さんいるんで、ヤキニクマンパートは真なんだろうと思ってたら、まさかの串田アキラ本人の登場にありえない盛り上がり。 建物揺れたんじゃないかとw 個人的にも一番テンションアップした瞬間かも。 まさかアイマスのライブで串田アキラの歌が聴けてしまうとわ。 コロムビア頑張った。 
串田さんの「朝ご飯食べたーーー?」コールとか、アイマス好きとしても凄く嬉しかったな。 退場の時の拍手も凄かったですね。

MCはさんで、MAメドレー後半組。
18.いっぱいいっぱい (若林)
19.目が逢う瞬間 (今井)
20.迷走MIND (平田)
21.隣に・・・ (たかはし)

会場をゆるがす、いっぱいいっぱいコール、こんなに盛り上がる曲だったなんてw このライブで曲の印象がガラリと変わりました。 やっぱり若林神はアイマス神なのだと実感。 そしてキングの、隣に・・・。 感動して涙でそうでしたw CDのあずささんよりも、ちょっとキング色強めに歌い上げる感じで、よりググっときましたね。

ここでMC入った後、やよいおりの寸劇に春香が加わっての
22.メリー (仁後・釘宮・中村)
予想外のプレゼントでした。 このあたりで、まさか今回は全曲歌い通すんじゃないかと思い始めてちょい興奮w 伊織がメリー歌うのも意外で。 イオリスキーとしては大満足。 サイン入りピンポン玉のショットガンは、当然のことながら3階席には届きませんでしたw

23.ID:[OL] (滝田・軽口)
これも聴けるとは思ってなくて嬉しかった。 〇〇day!コールは盛り上がりましたね。 そして各地で話題になった間奏での、樹里吉の不思議な踊り。 一昔前の時代遅れっぽい振り付けが、曲にあってて、可愛くも面白かったですw

そして、前半の〆に定番の
24.THE IDOLM@STER(short ver)


こうして書いてても、なんて内容のあるライブだったのかとw
と言うことで、この超個人的レポも次のエントリに続きます。